へいセブログ

ワーホリでオーストラリアに行く私が成長する(予定)過程を綴るブログです

無職でクレジットカードを持ってない人が『海外でも使えるカードを持つ方法!』

 無職でクレジットカードも持っていないけど、海外でも使えるカードが欲しいという方に向けてこの記事を書きます。私自身がこのことについて悩んでいたので同じ境遇の方には役立つと思いますよ。

 

 学生ならば働いていなくてもクレジットカードは作れます。有名どころですと「三井住友VISAクラシックカード(学生)」とかですかね。

 しかし学生でもなく現在働いていない場合に、海外でも使えるカードを新規発行するのは難しいです。

 

 とは言っても海外に行くときに多額の現金を持って行くのは防犯上良くないですし、海外でも使えるカードはやはり持って行きたいですよね。

 色々探した結果、2種類の方法を見つけたのでご紹介します!

 

 家族カードを作る

f:id:hey-cebu:20190324093221j:plain

  前述したように、学生でもなく無職の人が海外でも使えるカードクレジットカードを発行するのは相当難しいです。

 でも家族カードを持つことは可能です。

 

「家族カード」というのは、安定した収入のある本会員(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを利用できるサービスのことです。また、その家族が使うクレジットカードのことも「家族カード」といいます。

https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/recommend/family.jsp

 

 家族カードを発行する時には契約者が審査されます。家族カードの申請者は審査されないので私のように学生でもない無職の人でも問題はないです。家族カードを作りたい方は引用先のホームページに詳しく書かれていているので読んで参考にしてみてください。

 いい大人が親に頼るなんて・・・という思いもあるでしょうけど、仕方ないです。頭下げて頼んでみてください。

  

家族カードを作るときには海外旅行保険が付与されるカードを選ぶべし

 クレジット会社によって海外旅行保険があるカードとないカードがあります。海外旅行保険があるカードの場合、自動付与・条件付き付与の2種類があります。自動付与の場合ですと名前の通り海外に出た場合に自動で保険が適用されます。なので自動付与されるカードをオススメします。

 
 私は「dカードゴールド」といって家族カードでも海外旅行保険が自動付帯されるだけでなく、本会員と同額の保証があるカードを作りました。契約者である親は毎年維持費として10800円掛かりますが、家族カードは1枚まで無料で作ることができるのでオススメですよ。
 

 すべての海外旅行保険が付いているカードに言えることなのですが、保証期間は3か月なのでそれ以上海外に行かれる際には注意が必要です。なのでワーキングホリデー等で長期間海外に行かれる方などは、カードの保険が切れるタイミングで現地の保険に入るなどの工夫が必要になってきます。

 

海外で使えるプリペイドカードを発行する

f:id:hey-cebu:20190324094136j:plain

 諸事情が合って家族会員カードは作らない、作れないという方には海外で使えるプリペイドカードがオススメです。このカードはクレジットカードとは違い、審査なく誰でも発行可能です。

 私がオススメするのは、『キャッシュパスポート』です。

 

キャッシュパスポートをオススメする理由

 使える通貨は限られていますが、オーストラリアに行くならオーストラリアドル、カナダに行くならカナダドル、ユーロ圏内ならユーロで預入をすることができます。なので払い込み手数料は1%かかりますが、為替手数料の4%は掛からず非常にお得です。

 また新たに口座開設する必要もなく、事前に入れておいたお金しか使えないので何かあったとしても最小限の被害で済みます。

 

 キャッシュパスポートをオススメする最大の理由は

カードを発行すると2枚のカード(メインカードとサブカード)が送られてきて、1枚を紛失してももう1枚のカードが使える

 

という点です。クレジットカードは同じカードを2枚発行してもらうことはできないので、万が一紛失するとその後は使えません。一方でキャッシュパスポートであれば1枚をなくしてももう1枚が使えて安心です。なのでクレジットカードを持っている人にもオススメできるカードですよ! 私も実際に作っています。

 唯一不満点を挙げるとすると、キャッシュパスポートはVISAではなくmaster cardということです。海外ではmaster cardよりVISAが主流なので使えるATMの数はVISAと比べて多少少ないように感じました。

 

 キャッシュパスポートが気になったという方はコチラよりご覧ください。

 

GAICAカードを使うという手段も 

 GAICAカードとは新生銀行が発行する海外で使えるプリペイドカードです。基本的に仕様はキャッシュパスポートとほぼ同じです。キャッシュパスポートと比較して、メリットはVISAなので様々なATMで使えるという点です。デメリットとしては新生銀行内に口座を作らなければならない、キャッシュパスポートのように2枚のカード(メインカードとサブカード)が発行されないという点が挙げられます。

 既に新生銀行口座を持っているという方であれば検討してもいいのではないかと思います。

 GAICAカードが気になったという方はコチラよりご覧ください。

 

終わりに

 1.家族カードを作る

2.海外で使えるプリペイドカードを作る

  以上の二つが無職でも海外で使えるカードを持つ方法となります。少しでも働いて収入がある方であればフリーターでもクレジットカードは作れる可能性があります。なので早いうちにクレジットカードは作っておいた方がいいですよ。